花菱縫製株式会社

recruit 花菱縫製で働くということ -店舗篇-

interview

銀座店木原 多恵 -入社7年目-

お客さまとの「ものづくり」。

オーダーメイドスーツの販売職という仕事の面白さは?
うちの販売職はデザイナーみたいなもの、と先輩から教わりました。きまった形のものを販売しているわけではなく、お客様と一緒にスーツを作り上げる。販売職でありながら“ものづくり”ができるというのは、とても楽しいです。

実は、女性の方が活躍できる仕事です。

女性の少ない仕事では?
メンズスーツの接客をする女性は多くはないと思います。けど、女性スタッフは男女どちらも接客できますし、男性のお客様に女性目線でのオススメができるのは強みです。「会社の女性達にすごく評判よかった!」とご報告してくださるお客様もいらっしゃいます(笑)。
「仕事していてよかった」と感じたことは?
オーダーでスーツを作られた女性のお客様から、わざわざ絵はがきを送っていただいたことがありました。「気持ちを引き締めて仕事ができました。」と。こんなに感動してもらえる販売のお仕事は、他では体験しがたい醍醐味だと思います。

ブログやSNSでの情報発信も。

ブログやソーシャルメディアの担当をしていますね?
各店から送られてくる情報をまとめて週2回ブログの更新をしています。「ブログで見て、来ました!」というお客様から声をかけていただくことも。実際の集客につながるのは嬉しいです。
今後の、職場での夢を教えてください。
わたし自身、他店の女性の先輩に電話で相談することがよくあるのですが、とても心強い存在で…。自分も、そんなふうに頼られる先輩になりたいです。
未来の仲間にメッセージを。
お客様との距離が近くて一歩踏み込んだ接客ができる、人と接することが好きな人にはぴったりの仕事です。一からお客さまと一緒にスーツを作り上げていく感動を体験してほしいと思います。そして、たくさんの感動を一緒につくっていきましょう。

渋谷店 店長大塚 尚 -入社6年目(中途入社)-

本当にやりたいことは何か?
を考えて、一歩踏み出した。

前職ではどんな仕事を?
静岡でGMSの衣料品販売担当を17年やっていました。やりがいもあったのですが、人や商品の管理が多くなり、販売職という感じではなくなってきて。販売の仕事をしたい、と40歳を目前に転職しようと決めて上京しました。

奥が深い仕事。
満足では終わらせない感動を作る。

花菱の仕事の面白さは?
お客様とお話しをしながら、求められているものを見つけていく。それがスーツという形になった時に、リアルな感想が聞けるという楽しさがあります。後でお礼の電話をいただいたり、「よかったよ」とお店に言いに来てくださる方もいて、前職では味わえなかった感動があります。
逆に大変なことは?
自分とお客様のイメージがなかなか合わず、何度か作り直しとなった末に、結局キャンセルになってしまったという苦い経験もしました。5年の経験を積んでやっと少しわかってきたような気がします。奥が深いです。
お客さまの「感動を作る」コツは?
お客様とスーツを作るので「満足」いただくのは当たり前、実際の生活で使ってもらった時に本当の感動があると思います。お客様がスーツを着るシチュエーションをよく考えること、そして、短い会話の中でいかにイメージを引き出せるかが大事。お客様が実際にスーツを着るシーンでの着心地のよさをどう計算するかですね。

一歩を踏み出して本当によかった。

未来の仲間にメッセージを。
転職しました。転職することに迷いのある年代だと思いますが、この年齢でも活躍できます。迷いもありましたが、一歩踏み出して本当によかったと思っています。年齢に縛られず、是非チャレンジしてください!

銀座店 店長中村 健一 -入社19年目-

学ぼうとする気持ちを大切に、
お店づくりがしてゆきたい。

昨年から渋谷店、今年から銀座店の店長になりました。何か変化は?
店長だからといって特別な感じはありません。以前からある程度、仕事を任せてもらっていましたし、ぼくも言いたいこと言わせてもらってましたし(笑)。店長もチームの一員、何でも言い合える、スタッフとも常に仲間としてフランクな関係でいたいですね。
仕事は楽しいですか?
入社して6、7年の頃から、仕事が楽しくなりました。お店で中心的なポジションになって、自分で決定できることも増えて、納得感も出ましたね。チームで意見を出し合って、みんなで決定して仕事をする楽しさです。それからずっと楽しくやっています。

お客さまとの信頼関係が
いいモノを作り上げる。

辛いことは?
寸法に完璧はないので、採寸はいまでも難しいと感じます。よかれと思って仕立てたものが、お直しになってしまうことも。苦い思いは沢山ありますよ(笑)。 でも大事なのはお客様とのやりとりです。そこがうまくできていれば、仕上がりもよくなりますし、たとえ完璧でなくても、お客様も楽しんで頂ける。1回目より2回目、そして3回目と、少しずつよくなっていければ、いいんだと思います。

チームワークなら一番、
というお店を目指したい。

夢や目標を教えてください。
理想とするお店は、チームワークがしっかりしていること。例えば、予算は達成できないかもしれないけれど、社内運動会で競わせたら一番!みたいな(笑)結束しているチームを作っていきたいです。スタッフが楽しめる店が増えれば会社ももっと成長していくと思います。

message

採用担当高岡 良房

個性はそれぞれ違っても、
ベクトルが同じであることが大切。

花菱の販売職って、どんな仕事ですか?
花菱での販売職は販売だけではなく、お客様と一緒に考えて商品を作り上げていく、“ものづくり”の側面を持っています。お客様との距離が近い。ふつうのアパレルの販売職と比較すると一歩踏み込んだ関係と言えるでしょう。 そして、世界にたった一着のスーツをお客様といっしょに作り、感動を共有できるのが特徴です。普通の販売にはない醍醐味がいっぱいあります。
どんな人に向いていますか?
お客様と距離が近いので、お客様の趣味やバックボーンまで考えられる人は、いい提案ができて、いいものをつくることができると思います。お客様の情報をしっかり押さえて、次の来店時にきちんと対応できる人は強いです。男性のお客様が多いのですが、女性も活躍できますので、積極的に採用しています。
どんな人にラブコールを?
人と接することが好きな人、スーツのことを極めたい人。アパレルのお仕事が未経験でも、チームを引率した経験や接客の経験があればウエルカムです。3年後、5年後、自分が花菱でどうありたいか、という目標を持っていること。一緒に会社を盛り上げてくれる方はぜひ花菱の仲間になってほしいですね。
これからの花菱はどうなってゆきますか?
細かな配慮、満足いただけるサービスには絶対的な自信を持っています。イージーオーダーを謳っていますが、一番フルオーダーに近いサービスのできる会社です。これからは、個人力にプラスして、チーム力のアップをはかることで、会社として更にステップアップしていきたいと考えます。